サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

Cider & Perry Clarification

Explore further how we can support your industry needs

サイダーやペリーの清澄化ソリューションで歩留まりを改善し、コストを削減

酵母や固形物の除去をサポートします。

 

クリアで明るく、保存性や安定性の高いサイダー製品を製造する必要がある現代のサイダー生産において、ろ過は重要なステップです。
従来、サイダーの清澄化は珪藻土またはシートベースのろ過技術で行われてきました。

 

発酵後、サイダーは通常タンクの底で固形物を取り除き、ベントナイト、イソガラス、ゼラチンなどの薬剤で清澄化することがあります。最初のろ過や一次清澄は通常発酵後4~5日以内に行われますが、伝統的な生産者や小規模な生産者の場合はもっと長いかもしれません。清澄化の際、酵母やその他の粒子が除去され、濁りを減らし、下流のろ過性を向上させます。歴史的には、清澄化には珪藻土ろ過が採用されていましたが、今日ではポールの エノフロー™ XL システム のようなクロスフローろ過システムに投資する生産者が増えています。

サイダーの明確化チャート

 

 

流通が拡大し、急成長している市場では、より厳しい安全性と規制要件を満たしながら品質を向上させ、コストをも削減しなければならないというプレッシャーにさらされています。

 

従来の清澄化では珪藻土 フィルターが採用されていましたが、より有利な経済性、廃棄物の減少、高い歩留まりにより、ポールの エノフローろ過システムが好ましい技術となっています。

サイダー清澄化グリッド

ろ過について相談する

ダイアフィルトレーションはなぜ重要なのか?

高いアルコール度数まで発酵させたのち、プロセス後半で低い度数に希釈する顧客にとって、ダイアフィルトレーションは最終製品の収量を大幅に改善させるために使用することができます。

 

ダイアフィルトレーション中、エノフローろ過システムの保持液固形物に水を加えてアルコールを回収します。この回収により歩留まりが向上し、システムのROIが向上します。 

 

希釈ができず、ボトルの強度までしか製品を発酵することができない天然または従来のサイダーではダイアフィルトレーションを実行できません。

サイダー二次濾過

Kシリーズシート

Seitz K series depth filter sheets were developed to meet the entire range of removal requirements in the food and beverage industry.

SUPRAdisc™ IIモジュール

SUPRAdisc II Modules eliminate constructional weaknesses of classical Lenticulars in single cell design using inside-outside separator technology in a filter block design.

SUPRApak™プラスモジュール

SUPRApak Plus PW depth filter module design is using the new layer to layer seal technology. 

Oenoflow™システム

With the introduction of the new generation Oenoflow System, the XL series, cideries are setting new standards in achieving quality, yield and efficiency.