サポートされていないブラウザです。アップグレードをお願いします。 閉じる

Environmental Testing

より迅速な意思決定を下す

より迅速な意思決定のための汚染源特定

製造工程における食品の安全性はHACCPの原則に基づいて管理され、工程中の重要管理点を分析、識別、制御、監視、修正、検証、および文書化することによって達成されます。

 

製品試験が最も重要ですが、環境試験も安全プログラムの中で重要なパートとなります。 この試験により大気中や水中の病原体を検出することができ、実際の製品汚染や施設内へのさらなる侵入を防ぐための迅速なアクションを取ることができます。

 

ポールのジーンディスク®ソリューションは、リアルタイムPCR(Polymerase Chain Reaction)を検出原理としており、様々な病原体のモニタリングを行うことが可能です。 大腸菌やサルモネラ属菌、リステリア属菌のような病原体の検査に加えて、ポールはレジオネラ属菌モニタリングのための解決策も持ち合わせています。 レジオネラ症は、一般にエアロゾル吸入によるレジオネラ属の細菌感染によって引き起こされます。 これは水系疾患の最も頻繁な原因の1つです。 レジオネラ属菌は、人工水システムおよび装置に定着してしまいます。